学習するときに意識すること

学習には段階があります。5段階でわけた場合に

1無意識的無能(知らないしできない)
あることに関して何も知らず、知らないということさえも知らない状態です。当然っちゃ当然、無知は罪ですね。

2意識的無能(知っていてもできない)
あることに関して知識を得ましたが、それを実践することはできない状態です。手技ではここの段階がとっても長いです。手技や知識の実践で、ここが登竜門になってくるわけです。そして、「できないやっ。」ってほったらかしてしまうわけです。

3.意識的有能(考えるとできる)
あることに関してある程度できるようになってきましたが、まだ習慣化されておらず、それを行うためにはある程度の集中力が必要な状態です。ここの段階は実は意識が伴ってしまうので同調や引き込みあいが本当に行えないという不具合があります。

4.無意識的有能(考えなくてもできる)
意識しなくても自動的にあることを実践することができている状態です。目指すはここの段階です。この段階はボヤ〜っとしていて感覚も多く取り込まれるために適切な力で精密な操作が無意識的に行われます。実はセラピストのうまい下手はここの保有量で決まっているのだと感じています。

5.無意識的有能に意識的有能
無意識的に行っていることを、意識して人に教えることができる状態です。実は人に教えるということは無意識的的有能を超えます。なので、加速的に技術や知識をみにつけるためにはやはり「教える」ということが最も効率が良いということになります。

また、なぜ意識を伴うと治療がうまくいかないかというところも次回あたりに。