足部ー腰部関連

臨床的に足部は非常によく触る部位です。

 

足部は

唯一人体の中で地面に触れる部位で床反力の作用する部位です。

 

ソフビの足を斜めにしたら人形はおっ立たないのがイメージできるかと思います。

 

なので、重心との関連が強い部分です。

 

例えば、なんらかのストレスや外傷によって、脊柱が後弯が強くなりフラットバック姿勢が強くなったとしましょう。

臨床的には距骨の前方並進が起こるようです。

 

距骨は筋が付着しないために、全身の状態を表してきます。

 

もちろん、こういった場合に足部に問題があるということで、

 

足部に手技を行うことも多いのですが、距骨の前方並進に関しては脊柱の問題が強いように感じられます。

 

足部に関しては硬度が高いと思った際には、脊柱の評価は有効かと思います。

 

それはなぜか?

 

脊柱と足部は力学的に重要な共通の仕事があります。

 

それは”衝撃緩衝系”であるということです。

 

そのために、脊柱で緩衝できない衝撃は中足部に蓄積されやすいです。

 

逆に足部の踵立方関節や距踵関節の硬さによる衝撃緩衝機能低下は仙腸関節に蓄積されます。

 

臨床的には左側の仙腸関節のトラブルは全身の運動に問題を起こす場合が多いですが、

 

これは足部の問題を伴うことが多い様子です。

 

難しい話でしたが、みなさんの臨床の中でも試してみてご意見お願い申し上げます。