最近思うこと

研修会が2日間だとクラブに出かけるんですが、最近買ったボルダリングのパンツで入ろうとしたらボディーチェックではじかれました。ファスナーがない服は駄目だそうです。

 

サンダルが駄目だっていうことは知っていましたが非常に残念で悔しいのでブログを書いています。

 

ちなみに、免許証も必要なので行こうと思っている方は気をつけてください。

 

早い時間で入ると音だけ楽しめて1500円もあればお酒も1.2杯飲めます。

 

あと、音に乗るときは骨盤を動かせると少し慣れた雰囲気をかもし出せます。

 

仙腸関節を動かせるとこんなとこでもいいですね。

 

ちなみに僕は調子に乗って動かし過ぎてぎっくり腰になったことがあります。(診断名は仙腸関節炎でした。)

 

さて、最近の話ですと胸郭の問題が多い気が最近はしています。

 

とにかく硬いし、下部肋骨が張り出しているような人が多いですね。

 

下部肋骨が後方に行くと、だいたい腰椎が後彎曲して仙骨カウンターニューテーションの膝軽度屈曲・距骨回内みたいになってきます。

 

で、膝が痛いみたいな感じですね。足底面とかね。まぁー腰痛もいますが・・・症状の出る部位はいろいろです。原因と症状には一貫性がないです。

 

あと、女性の消化器の問題もちょくちょく。太れないって方ですね。こういう方は上記の問題に上部胸郭が偏平化しています。そして、硬くて縦郭の滑りがほとんど出ない。。。

 

縦郭というパーツは臨床的に良く触ります。膝の痛みの方はだいたいここの問題があって、衝撃干渉能力の低下があります。

 

中に何があって、どこの動きが悪いのかという話もまずは胸郭の堅さがわからないと駄目です。

 

僕は3年目の臨床はほとんど胸郭を触っていました。

 

これはバイニーで「とにかく、経験のなくてわからないようだったら、胸郭をやって御覧なさい」という鶴の声があったからですが、とにかくあの時期に愚直に胸郭を触って良かったですね。そんなかで、肋軟骨を痛めてしまう経験もしました。

 

その後、脊柱を触るようになり、仙骨、頚椎、足部、内臓などなどに波及していったのですがまずは胸郭を触ってみるのは臨床的にお勧めですね。

 

胸郭を触っていく中で気づくことはたくさんあります。是非注目してみてください。