神経痛と骨盤

本日は下肢の痺れについてです。

 

下肢の痺れというと皆さんは何をイメージされますか?

 

梨状筋症候群や椎間孔での閉塞でしょうか?

 

実際に梨状筋症候群に対して、梨状筋のアプローチだけをして改善したという例は私はありません。

 

片側に出る痺れに関しては骨盤底から大坐骨孔の問題が強いのではないかと臨床上感じます。

 

痺れの出ている方に対して、骨盤の評価をしてみると以外にも仙骨は後傾している場合が多いです。

 

それに伴って骨盤も後傾しています。

 

ここで、一つ矛盾が生じます。

 

例えば、椎間孔の問題であれば、腰椎伸展において椎間孔は狭小するはずです。

 

骨盤後傾位と腰椎屈曲においては椎間孔は拡大してきます。

 

では、椎間孔部での神経圧迫・・・???ということになってきます。

 

骨盤の機能は上半身の体重を受け両下肢に分散し支持することです。

 

その機能は仙骨から寛骨という部分で行われていますが、その受け皿は骨盤底です。

 

骨盤底は肛門挙筋や尾骨筋が構成要素になります。

 

骨盤の後傾に伴って、骨盤の緊張のバランスが後面にシフトしてくるのがイメージできますでしょうか?

 

そうするとより尾骨側がストレスを受けてきます。そのため、仙棘靭帯が緊張が高くなってきます。

 

大坐骨孔の下面の構成要素である仙棘靭帯の緊張による坐骨神経外側の圧迫も下肢痺れに大きくかかわってくるのではないかというのが私の考えです。

 

 

いずれにせよ、仙骨の動的安定とコア賦活が片側の下肢の痺れに対して重要な要素になってくるのですが。

 

こういった方はフラットバック姿勢と頸椎の前弯を伴う硬膜の緊張も見逃せない所かなと思っています。

 

なので、頸椎と骨盤底の評価を行うと以外にも硬度が高いことが多いです。

 

是非、解剖学書を片手にもう一度読んでみて、評価してみてください。