足部の回内外

私は足部は衝撃緩衝系の身体部位として考えているので、骨盤や脊柱と一緒に評価していくことが大切であると考えています。

 

特に関係が強いのは骨盤です。足部に問題を抱えているクライアントの多くが骨盤にも問題を抱えています。

 

足底腱膜の伸長性が乏しい方の多くは腹部の硬さを抱えています。

 

逆に舟状骨の問題が仙腸関節の硬さになっていることも多いです。

 

衝撃緩衝系であるということは、ここの硬度が高い場合にはその能力が削がれます。

 

ということは、立位・歩行時においてはここが原因で全身の筋出力の制限が発生するということです。

 

ここらへんで、「はい?」ってなる方は是非 BiNi や Spine dynamics療法を学んでください。おもしろいですよ。

 

さて、足部の衝撃緩衝は距骨下関節の回内外の動きに伴う足全体の動きによってなされています。

 

回内外の動きはアーチの高低を決める動きでもあります。一般的には回内足においてはアーチは低下しやすい傾向にありますし、回外足ではアーチが高くなる傾向があります。

 

アーチが高い場合には良い。アーチが低いとダメみたいな風潮がありますが、実際はそうではありません。

 

アーチが高くても胼胝や鶏眼などがあり、痛む人や足底腱膜炎の方もいます。

 

私が大切だと思うのは回内外の動きがあるということです。回外位が良いということはありません。

 

動きがあって、衝撃緩衝できることが大切です。なので、触診して足部の 動き がチェックできるということは非常に重要ですね。