腸腰筋

腸腰筋は腰部痛とも関連が強い筋です。

 

この筋は立脚終期と振り出しの初期で働く筋です。

純粋には股関節の屈筋ですが、立位においては抗重力筋としても働いています。

 

例えば、股関節屈曲位で長い時間を過ごした場合にはこの筋が短縮するということが発生します。特に、座面が傾いていて腸腰筋の収縮が入る場合にはさらにそうです。

 

その際には、この筋が仙腸関節痛や伸展性の腰痛の原因になることがあります。

仙腸関節テストが陽性になることが多いので、仙腸関節の痛みかなと思わせることが多いです。

 

また、短縮ではありませんが、大腿骨頭の臼蓋への安定性が低く、骨頭の前外側方での不安定性を伴う場合にも腸腰筋が問題になります。腸腰筋が大腿骨頭の疑似臼蓋として機能します。可動域は屈曲と内旋制限が伴います。

 

この際には大腿骨頭が前方に併進することから大腿骨頭靭帯・神経を圧迫して、下肢痛や浮腫を発生する可能性もあるので、股関節へのアプローチと腸腰筋のアプローチが功を制します。

 

腸腰筋は臨床でも比較的筋の滑走性含めて評価することの多い筋です。

 

触診を練習してみるのもいいかもしれません。