仙腸関節の動き

仙腸関節の詳細な動きをいくつかご紹介します。

仙腸関節は体幹と下肢の接合部としてみるべき部位です。

仙腸関節は関節腔、滑膜性関節包、関節軟骨を持つ平面関節です。仙骨側の軟骨が硝子軟骨であり、腸骨側の軟骨が繊維軟骨だそうです。シンプルな検査手段ではASISを左右に交互に押すことでこの関節のモビリティーを確認できます。

 

矢状面運動(前後運動・前後傾)

仙骨に対して腸骨が並進する運動があり、それに加えて、前後傾があります。この動きは下部腰椎とと連動しており、腸骨の前方移動、腸骨の前傾(仙骨の後傾)は下部腰椎を屈曲させます。これは腸骨と腰椎を結ぶ腸腰靭帯という組織のなすことです。この動きが最も有名です。

 

前額面運動(上下移動)

仙骨に対する腸骨の上下移動になります。つまり、腸骨が上方移動すれば、仙骨が下方移動します。

高齢者の女性は良く仙骨が下方にあることがあります。骨盤底筋群の機能低下が関与していると個人的には感じています。

 

前額面運動(上下の離開と圧縮)

これは仙骨が接続する脊柱の動きに伴い、仙骨が側屈する場合に発生します。仙骨自身は受動的な骨で筋の付着を持ちません、そのために基本的には腰椎の動きによって動かされると考えます。仙骨は右回旋が入る際には左側屈が発生します。このときにL5は左回旋、右側屈を取るという関係になります。こういった仙骨の側屈に対して寛骨は一定の位置を保つので、左側屈では上方閉鎖と下方離開を伴います。この仙骨の左側屈の際には左股関節は外転し歩隔が増大します。逆では反対の運動が発生します。

 

水平面運動(前後の離開と閉鎖)

前方閉鎖(インフレア)と後方閉鎖(アウトフレア)があります。前方閉鎖では股関節内旋に伴う足位をinに向け、後方閉鎖では股関節外旋に伴う足位をoutにまるそうです。

 

様々な動きと股関節と腰椎の関連を持つ仙腸関節ですが、動きを知っていると触ったときにあれ、これって書いてあったことと同じかなみたいに気づきが得られることがあります。

 

臨床で仙骨や仙腸関節意識してみてください。非常に重要な関節の一つです。