平衡状態と関連部位

平衡状態というとなんだか難しい言葉ですが、体の状態によって偏位しやすい骨があります。

 

結合組織によって、引っ張られたりつぶされたりしやすい部位という事です。

 

これが、身体部位では 環椎 仙骨 距骨 です。

 

これらの骨の機能的意義は重さを分散するということです。

環椎は椎体と椎弓関節にかかる重みの伝達、仙骨は骨盤を介して両側への大腿骨への分散。

距骨は踵骨、外側柱と内側柱への分散を行っています。

 

姿勢というのは重力の中で形成されています。

そこに存在するのは床反力です。それを調整しているのが、視覚と前庭系を乗っける環椎、脊柱の台座である仙骨、地面との接触点である足部です。

 

さて、これらの部位には密接な関連性があります。

基本、仙骨が水平を保つときには環椎は水平を保ちます。

では仙骨の水平はどのように保たれるかというと両側部の足のアーチによって保たれています。

 

つまり、扁平足や外反側は身体の平衡状態に悪い影響を与えます。

 

よくオペや骨折などの外傷のない方で脚長差がある方がいらっしゃいます。機能的な脚長差といいますが、足部のトラブルが非常に多くあります。足部の問題は股関節の変位となっています。

 

なので、両方モビライゼーションを加えることによって脚長差は改善できることが多いです。

その際には、脊柱アライメントや姿勢が変わっている点にも注目して行っていきたいです。

 

いずれにせよ、これらの骨の触診はできることが必要ですね