運動失調(小脳性)

運動失調の前にまず、小脳って何をしているところでしょう。

 

小脳の主要な機能は知覚と運動機能の統合であり、平衡・筋緊張・随意運動の調節などを司っているそうです。

 

小脳内の各役割は簡単にまとめると以下のようになっています。

機能的名称

解剖学的名称

役割

前庭小脳

片葉小節葉

身体平衡と眼球運動の調節

脊髄小脳

小脳虫部

体幹・四肢の運動制御

新小脳

小脳半球側面部

運動計画と感覚情報の評価

 

この中でも運動失調が起こりやすい部分としては、脊髄小脳や新小脳と呼ばれる部分の障害において見られやすい

 

ようです。脊髄小脳の障害では体幹や四肢近位部、新小脳では四肢に生じやすいようです。更に、脊髄小脳部の歯状核の障害では上肢の失調が顕著となりやすいとのことです。

 

それでは、運動失調について考えていきたいと思います。

 

小脳障害と聞いたとき、運動失調を思い浮かべる方も多いと思いますが、そもそも運動失調とは何でしょうか。

 

 動作を行った際の振戦や、物を触ろうとしたとき位置がズレてしまう事でしょうか。

 

文献上では以下のように書かれていました。

運動失調…随意運動において時間的・空間的な秩序と配列が失われた状態。

時間的秩序:タイミング

空間的秩序:組み合わせ

配列:出力

 

すなわち、運動失調とは随意運動において、筋活動のタイミングのずれや、主動作筋や共同筋、拮抗筋などが適切に組み合わさらない、また筋出力が低すぎたり、高すぎるなど出力の不安定さが生じている状態となります。

 

小脳が障害され運動失調のある方のリーチ動作を行っときの筋電図では、障害のない方と比較して主動作筋が働きすぎてしまっていたり、


その主動作筋を止めようと拮抗筋が働くもタイミングの遅さや適切な出力が出ていなかったりします。

 

そのため、運動失調のある方を見る場合にはどの問題が起きているか、それぞれについての評価が必要となります。

タイミング:回内外試験など反復拮抗運動

組み合わせ:鼻指鼻試験、膝踵試験

 出力:触診など

 

適切な評価を行うことで、問題点がより明確になり良好な治療へと繋がるのではないでしょうか。