距骨下関節の評価

足部の治療は結構やる。

 

骨盤のトラブルがある場合には足部がまずまずトラブルの原因になります。

 

それというのは距骨下関節の回内と回外で足の高さが変わるからなのですが、

 

回内ですと、足のアーチも潰れる方向に誘導されるので、これは脚長が短くなる。

 

回外だと脚長は長くなるという形になる。

ちなみに回外で全体をロックされたような人の足部は本当に硬い。モビライゼーションはコツが必要だ。

 

さて、この脚長の差はどこで補正されるかというと、股関節だ。

 

股関節の大腿骨頭の上前方外側偏位によって補正される。

 

それでも補正できない場合は骨盤後方回旋と上方剪断が入ってくる。

 

こいつが結構身体に負担をかける場合があって、もちろん、この骨格の問題だけで終わればいいんだけど。

 

どうも、この状態で動いていると骨盤底筋群の問題を発生してくる。

 

こうなってくると梨状筋症候群のような坐骨神経痛が発生してくることも多い。

 

また、足部の動きの制限が中足部にあると、距骨が前方偏位する。

 

これは背屈制限を発生させることで股関節の腸腰筋のスパズムを発生させる。

 

足は推進力の要です。

 

ここのトラブルは同様に推進力を発生させる股関節の代償による筋骨格の問題を起こすわけですね。

 

足部はだからいいですね。魅力的です。