シンスプリントやオスグッド、疲労骨折

あっというまに1か月、参った。ブログ書いてないんですから。

 

最近、この関係を良く臨床で見させて頂くことが多い。

 

なんだか、整形の理学療法士にでもなった気持ちになります。

 

これらの疾患のポイントは力が下腿に集中してしまっているという事がある。

 

意味がわからないかもしれないんですが、そうなんです。

 

股関節から骨盤、腰椎の制限があり前方への推進力が

殿筋や上半身の動きが使えない人が多いような気がします。

 

もちろん、そこの原因は足部かもしれませんし、骨盤かもしれません。

 

股関節の動きの制限があるかもしれません。

 

でも、なんというか立脚中期から立脚後期のトラブルを感じるんですね。

 

そして、上下肢のカウンターの動きはどうか、簡単に言うと手がちゃんと振れているか。

 

仙腸関節のスライドが出ているか、股関節の伸展が発生しているかといった所。

 

ちなみに、シンスプリントもしっかりとやればその場で痛みの程度は結構変化が出る。

 

ただ、難しいのが、歩行速度が速くなったり運動強度が上がることでまた出てくるんですね。

 

もちろん、循環や神経の滑走もあるので、

どこの問題と言い切れないがそれこそ全身を見ていかないとと感じるものです。