長野県理学療法士会

BiNIリハビリセンター諏訪の小口です。

 

先日、長野県理学療法士会の広報誌に「学術の広場」というコラムがあるんですが、そこで足部に関して書かせていただきました。他県の士会にも広報誌ってあるんですかね?

 

なぜ私に依頼が来たかといいますと

 

こう見えて、研修部員という役を県士会でやっているからです!

 

そうは言ってもセンターに入職してからは学術局会議に一度も出席していませんので、胸を張って言えません。笑

 

(会議って毎回土曜なんですよ、土曜はシューマートで相談会があるので行けないんですよね~)

 

それでも研修部員ということでお話をいただきました。

 

役得!というか学術局長は優しいなぁと思いつつ。

 

「学術的な事ならなんでも構いません。」

 

という事だったので・・・

 

足部の話をほんの「少しだけ」、そこからシューマートでの相談会について「がっつり」書かせていただきました。笑

 

特にオーソティックスについては少しでも知っていただきたかったので、ダメだと言われない程度に、だけど最低限の情報と思いつつそのギリギリを攻める内容に。

 

写真も載せていいとのことでしたので、枚数制限の中でなんとか情報量を詰め込もうと写真編集して掲載していただきました。

 

そこまでしたの、歴代の執筆者で多分私だけでしょう。笑

 

興味のある方、是非読んでみてください!

 

そして病院紹介がコリハスタッフ所属の病院という奇跡。

 

 

BiNIリハビリセンター諏訪 小口和弘

ダウンロード
PTながのNEWS No.62
h300201_p1.pdf
PDFファイル 4.6 MB