結合組織

こんにちは、コリハスタッフの山本です。

 

今回は結合組織についてちょっと書いてみたいと思います。

 

これまで治療を進める上で、疾患によってやることを変えるのが当たり前だと思っていました。

 

学校でもそう習ってきましたし。。

 

しかしすべての疾患に個別性をもって治療にあたるには、知識も技術も追いつかず正直何をしたらよいのかわからなくなっていました。

 

そんな時、この結合組織の構造とその治療を学んだことで私の治療はとてもシンプルになりました。

 

少しずつ結果も残せるようになりました。

 

なのでぜひ皆さんに結合組織の治療の素晴らしさを知ってほしくてまとめてみることにしました。

 

 

 

組織学的に人の体は、神経組織、筋組織、上皮組織、結合組織の4つで構成されています。

 

そのうち結合組織には、固有結合組織と特殊結合組織という2つに分類されます。

 

特殊結合組織というのは血液、骨、軟骨のことを指し、固有結合組織とは固有の器官を支持・固定し、他の器官と結合するという働きを持つ結合組織のことを指します。

 

骨と骨をつなぐ関節包や靭帯、筋膜や脂肪など、固有の器官を包み連続性を持つ膜状の組織すべてを固有結合組織といいます。

 

心臓や肺を包む心膜や胸膜、腹膜なども例外ではありません。

 

人の体はこの固有結合組織によって浅層から深層、頭から足にかけてすべてをまとめ上げられています。

 

すべてが連続性を持っているわけですから、足の方で結合組織が引っ張られると、その張力は当然上肢にも波及します。

 

全身をありとあらゆる方向につないでいるこの固有結合組織に私たちが介入できれば、身体の構造を変えることが可能となります。

 

 

 

人の体というのは約60兆個の細胞から出来上がっているといわれていますが、細胞だけで出来上がっているというのは組織学上間違いで、実際には細胞と細胞外マトリックスで構成されています。

 

結合組織はその細胞外マトリックスを多く含む組織です。

 

細胞外マトリックスとは繊維と基質から出来上がっており、繊維には膠原繊維と弾性繊維があります。

 

膠原繊維は同じ太さのピアノ線より強いという特徴があり、弾性繊維は弾力性のある繊維です。ゴムのように1.5倍伸び縮みする特徴があります。

 

これらの繊維が混在し細胞とともにシートのように編みこまれたものが結合組織です。

 

そしてその繊維の間を埋めるのが細胞外マトリックスのもう一つである基質です。

 

基質はガムシロップのようにとろっとした液状のもので、水と糖で出来上がっています。

  

その糖の代表格がグリコサミノグリカン(=ムコ多糖類)で、それが接着性糖タンパクと結びつくことで出来上がるのがプロテオグリカンです。

 

プロテオグリカンは最近よく美容関係の商品に使われるようですが、私はよく知りません。。

 

色々と言ってきましたが、結合組織とは「細胞と繊維と砂糖水から出来上がっている」ということです。

 

結合組織の繊維配列変化が起こることで結合組織間での滑りが生じ、各器官が柔軟に動くことができるようになります。

 

つまり人間がスムーズに動作を行うためには常に結合組織の配列変化が起きなければまりません。

 

繊維が多く基質の粘性が高いほど、配列変化が起きにくく、硬く動きにくい身体になっていきます。

 

砂糖水は濃度が濃く冷たいほどよりドロドロして硬くなりますよね。

 

繊維をときほどいて水分の入るスペースを確保するとともに、基質の粘性を下げることで繊維の配列変化が起きやすくなります。

 

そしてここで重要になるのは「基質は感熱性」ということです。

 

熱を加えることで流体抵抗を減じることができるため、私たちの熱を患者様に伝えることで結合組織を柔らかくすることができるということです。

 

「先生の手、あったかいね」なんて言われたことはありませんか?それが結合組織の治療になっているのです。

 

より効率的に治療を進めるためにポイントはありますが、言ってしまえばだだひたすらに自分の熱を伝えるよう患者様の硬いところに触れていればいいということです。

 

ねっ、シンプルでしょ?笑

 

結合組織が柔らかくなれば、包まれている器官は柔軟に動くことができるようになり、身体の構造に変化をもたらします。

 

身体構造に変化が起きれば、当然運動も勝手に変化します。

 

寝返りや起き上がりを誘導しながらひたすら練習させなくても、勝手に運動を効率的に行えるようになるんです。

 

これまで上肢や骨盤を誘導しながら何度も繰り返し動作練習させていた私にとって、それは衝撃的なことでした。

 

なので、このシンプルな治療をより洗練させるため日々練習に励んでいます。

 

コリハのセミナーでも多用しているため、ポイントや感覚を知りたい方は是非参加してみてください。

 

感覚を掴むまでに少し時間がかかるかもしれませんが、絶対にわかるようになります!!私がそうでした!

 

一緒に練習しましょう☆

 

 

 

それから、私のスタッフ紹介をやっとUpしましたのでよかったらご覧ください!!

 

コリハスタッフ 山本理恵子