タンパク質

こんにちは!コリハスタッフの林です。

 

今日はタンパク質について書きたいと思います。

 

 

リハビリ職はよく聞くタンパク質ですが

 

最近は女性タレントや一般女性も筋肉を鍛えて「美しい体」を手に入れたいと

十分なタンパク質を摂取するためプロテインを飲む時代です。

 

改めて「タンパク質」とは何か。

わたしたちの体でどのような働きをしているか考えていきたいと思います。

 

 

タンパク質は、炭水化物、脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。

 

タンパク質とは「アミノ酸」という分子がつながったもので

生体中のタンパク質は20種類のアミノ酸からできています。

 

タンパク質を漢字で書くと「蛋白質」。

 

「蛋」は卵。

 

つまり、卵の白身にたっぷり含まれている成分ということになります。

 

ただし、食べたものがそのまま働くのではなく

食べたタンパク質は一度細かく分解され(アミノ酸)

自分が生きていくために必要なタンパク質に再構築されます。

 

アミノ酸はタンパク質のパーツであり

それを細胞内で都合よく組み合わせていろいろな形をつくり

何千、何万種類のタンパク質がわたしたちの体の中で働いています。

 

 

例えば、コラーゲンを食べると「お肌がプルプルになる」と言われていますが

 

コラーゲンというタンパク質は一度アミノ酸まで分解されて

そのアミノ酸が材料となって人間のタンパク質になるだけで

 

直接コラーゲンが使われたり、コラーゲン合成のためだけに使われるわけではありません。

 

ただし、コラーゲンにはグリシンやプロリンなど

特定のアミノ酸が多く使われているため、そのアミノ酸を多く摂取するという意味ぐらいにはなる可能性があるようです。

 

 

食べ物の栄養素としてのイメージが強いタンパク質ですが

 

実は「なんでも屋さん」で

 

血液中の酸素を運ぶ赤血球という細胞の中にある「ヘモグロビン」も

 

心臓などの筋肉を動かすのも

 

ご飯を食べたとき、まずは消化酵素が食べ物を分解しますが

この消化酵素もすべてタンパク質。

(消化酵素:炭水化物を分解するアミラーゼ、脂質を分解するリパーゼ、栄養素としてのタンパク質を分解するペプシンなど)

 

また、免疫系、栄養素の貯蔵、生体構造の形成(コラーゲン、ケラチンなど)、DNAの複製(DNAポリメラーゼ)や細胞分裂にもタンパク質は関わっています。

 

さまざまな生命現象の運用をしているわけです。

 

 

ヒトには2万5000種類くらいのタンパク質があるとされていますが

その多くの機能は分かっていないようです。

 

 

たくさんの種類がある中でおもしろいタンパク質がいたので紹介します。

 

細胞の中でいろいろものを運ぶタンパク質があるのですが

そのひとつに「キネシン」というタンパク質があります。

 

キネシンは主にATPを加水分解しながら微小管に沿って運動する性質を持ち

細胞分裂や神経軸索輸送など細胞内物質輸送に重要な役割を果たしています。

 

なんとキネシンは

 

ATPを使い、向きを持って二足歩行します!!

 

YouTubeで検索すると動画がありました。ぜひ、チェックしてみてください。

 

 

昨今、リハビリテーションと栄養管理の重要性がますます高くなっており

 

わたしが勤務している病院でも

運動後、積極的にタンパク質を摂取するようになってきています。

 

今回はタンパク質とは何かを考えましたが

 

どう効率よく摂取していくかも考えていきたいなーと思いつつ

 

今夜の夕飯を考えます。

 

 

 

コリハスタッフ 林 智香