県士会への挑戦

こんにちは、コリハ代表、BiNIリハビリセンター諏訪の小口です。

 

私が所属している長野県理学療法士会の学会が2018年6月17日(日)に開催されます。

 

去年の県学会へ数年ぶりに行ってから、私も発表したいという想いが強くなりまして

 

今回の学会で発表することにしました。

 

「陳旧例片麻痺患者に対するバイニーアプローチ」

どストレートなタイトル!

 

しかも大会の一発目、オープニングアクト(何かの意図を感じましたが違うようです。笑)

 

 日本を、世界を変えるなら、まず自分のいる地域から

 

私のいる地域は知る人ぞ知るボバースコンセプトが盛んな地域なんです。

 

それもあるのかないのか(多分ある)、バイニーアプローチが全然浸透しません。笑

 

認定セラピストも長野県は北信に4人もいるのに、私がいる南信は1人・・・

 

今回の発表で、バイニーを「知ってもらう」は大前提として

 

「衝撃を与える」これをやらなければ意味ありません。

 

そのために、決まりきった形の発表ではなく、理解しやすく、何より心に響く発表です。

 

これを練っています。それを持ってまずは長野県に一石投じます!

 

ぜひ聴きに来てください、期待していただいていいです!

 

朝一なので聴講する人がすごい少ない可能性があるので、ほんと来てください。笑

 

 

コリハ代表・BiNIリハビリセンター諏訪 小口 和弘