マズローの欲求5段階説

こんにちは!コリハスタッフの林です。

 

今日は心理学には詳しくありませんが(笑)

「マズローの欲求5段階説」を私見を含めて書きたいと思います。

 

「マズローの欲求5段階説」は

 

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」という仮説をもとに

 

心理学者であるアブラハム・ハロルド・マズローが考えた理論です。

 

画像:wikipedia

 

ピラミッドの下から

 

①生理的欲求

 人を動機付ける最も根源的な欲求。生命維持に関わるもの。

 ・酸素・食べ物・飲料・性・睡眠

 

②安全の欲求

 飢えなどの生理的欲求がある程度満たされると安全の欲求が現れる。

 マズローによると①と同じくらい安全の欲求は強いとされている。

 ・身の安全・身分の安全・他人への依存・保護されたい気持ち

 ・不安、混乱からの自由・構造、秩序、法、制限

 

③所属と愛の欲求

 ①と②が満たされると所属と愛の欲求が現れる。

 ・孤独や追及された状態を避ける

 ・家族や恋人、友達、同僚、サークル仲間などの共同体の一員に加わりたいと思う

 ・周囲から愛情深く迎えられたいと思う

 

④承認の欲求

 ③が満たされると承認の欲求が現る。

 尊厳の欲求や自尊心の欲求とも言われる。

 ・自己の自己に対する評価の欲求(強さ、達成、能力への自信など)

 ・他者からの評価に対する欲求(評判、地位、名誉など)

 この承認欲求が満たされると自分は世の中に役立つ存在だという感情が湧く

 この承認欲求が満たされないと焦燥感や劣等感、無力感の感情が湧く

 

⑤(超越的でない)自己実現の欲求

 人が潜在的に持っているものを開花せて、自分がなり得る全てのものになり切りたいと感じる欲求

 より一層、自分であろうとする欲求のこと

 

そして(wikipediaの画像にはありませんが)

⑥(超越的な)自己実現の欲求

 ⑤と分ける最大の特徴は「至高体験」の有無である

 至高体験とは「注意を完全に保持するに足るような興味深い事柄に魅惑させられ、熱中し夢中になること」

 

私は

自分や患者さんを客観的に見たい時に

この図を思い出すのですが

 

今、どの段階なのか知ることで

介入の方法を変えたり

何が必要なのか考え直すきっかけになっています。

 

例えば

 

①生理的欲求の食事や睡眠が不十分な症例は

どんなにリハビリを頑張ろうとしても

次の欲求が出にくい状態のため

 

早めに他部門と連携し

内服のコントロールや食事について見直しを検討したり

 

入院生活では家庭や地域から離れ

孤独や孤立を感じやすいため

③所属と愛の欲求が満たされていないなと感じたら

家族に声をかけたり

なるべく病棟スタッフと関わってもらったりしています。

 

 

そして目指すは

退院の時に⑤自己実現の欲求まで達すること!!

 

ですが

 

現実は厳しく

 

「リハビリ人生」になる患者さんは多々います。

 

だからこそ

もっと家族や地域の人々の関わりや

活躍できる場所へ繋げていかなきゃだなと感じています。

 

 

 

 

自分も⑤もしくは・・・⑥になれたらいいな!

 

コリハスタッフ 林 智香