足の伝統的生体力学

こんにちは、代表の小口です。

 

7月7日〜8日の二日間、神奈川県の鶴見というところでセミナーのアシスタントをしてきました。

 

 このセミナーはNWPLというアメリカのオーソティックス(医療用インソール)を取り扱うためのセミナーです。

 

オーソティックスを扱うに当たって、取扱者が足部についてちゃんとした知識を有していることが絶対条件なので、このセミナーで足部バイオメカニクスを学びます。

 

2日間、足だけをずっと考えるなんて人生で初めての体験ですよね。

 

私が初めてこのセミナーに出た時は頭おかしくなりそうでした。

 

回内・回外・内反・外反・・・これらがどんな時にどこで生じるのかを全部やります。

 

頭おかしくなるでしょ?笑

 

でもずっとやっていると、よくしたもんでちゃんと知識として定着してくれます。

 

現に私がアシスタントになれるくらいですから。

 

このセミナーの後、実際にオーソティックスを処方する手順を学ぶセミナーが一回あります。

 

それが終われば、はれてオーソティックス取り扱いが可能になります。

 

オーソティックスの力は半端ではないので、臨床で本当に強力なツールになります。

 

私はこれにどれだけ助けられてきたことか。

 

これが無かったら症状を変化させられなかっただろうと思うことは多々あります。

 

BiNIリハビリセンターではどこの施設でも扱ってますので、担当患者さんで必要だという方はぜひご紹介ください。

 

ではまた!

 

諏訪湖リハビリテーション研究会代表、BiNIリハビリセンター諏訪 小口和弘