What is your dream?

 

こんにちは、コリハスタッフの山本です。

 

2週続けて足の話をしてきましたが、今日はお休み!!

 

 

先日、外来でみている高校生の女の子と進路の話をしていました。

 

その子は介護福祉士になりたいとのことで、高校卒業後は専門学校に行きたいと考えているようでした。

 

そんな話をしていた頃、NHKのプロフェッショナルという番組で「子ども大学」というのをやっていました。

 

これまでプロフェッショナルに出演した方が講師となり、子どもと一緒に「仕事」について考える、といった内容だったと思います。

 

その番組の中で子供たちがお菓子の新商品を開発していったのですが、アイディアを出し合う中でのキーワードが「自分に正直になれ」という言葉でした。

 

売れそうな商品を考えるのではなく、本当に自分が心から食べたいと思うお菓子を作る。

 

その思いがみんなに伝わった時その商品はヒットする。

 

どの職業にも当てはまることなんだろうなと思いました。

 

 

 

 

高校生の女の子は子どものころたくさんの夢があったそうです。

 

ケーキ屋さん、保育園の先生、歯医者さん、小学校の先生、、、他にもたくさん言っていましたが忘れちゃいました。

 

その中に介護の仕事は入っていなかったので、なぜ介護福祉士になりたいの?と聞いたところ、

 

「小学生のころに老人ホームに行って高齢者の方と歌ったり話をするのが楽しかったんです。」

 

「中高と職場体験で老人ホームに行ったとき、改めてこういう仕事はやりがいがあるなって感じたんです。」

 

と話してくれました。

 

進路を考えるにあたり、進学する学校の学費のことや就職してからの給料のこと、ずっとやっていける仕事なのかなど色々と考えたそうです。

 

今はインターネットが普及していてどんな情報もすぐ手に入るし、

 

学校でも進路特別授業などが組まれ、色んな大学や職種の人が来て講演することも沢山あるらしいです。

 

だから私たちのころよりとても進路選びに慎重で、色々と考えることも多いんだなあと話していて思いました。

 

でも彼女は子どものころ楽しかった思い出や、職場体験で感じたことを素直に受け取って介護福祉士を目指そうと決めたみたいです。

 

 

 

その話をしながら自分の子どものころの夢は何だったかなあって考えてみたんです。

 

皆さん自分の子供のころの夢って覚えてますか?今夢はありますか?

 

 

忙しい毎日を過ごしていると、夢のことなんて考える余裕がなかったり自分の想いとは違うことをやらなくてはいけなかったり。。。

 

でもたまにはふと立ち止まって、自分の夢は何だろう、自分が今本当にしたいことは何だろうと考えてみるのもいいのかなあと思いました。

 

 

 

ちなみに私の子どものころの夢はケーキ屋さん、保育士、プロのバスケットボール選手!

 

バスケのプロリーグができたのってつい10年くらい前なんですけどね。笑

 

今の夢は、、、考え中です☆

 

 

ではまた。

 

コリハスタッフ 山本理恵子